ガン細胞を短時間に98%も死滅させる脅威の野菜…おまけに美白効果も…

ガン細胞を短時間に98%も死滅させる脅威の野菜。
今回は普段の食事で摂れるガンに効く食べ物を紹介します。

ガン細胞を98%も死滅させる脅威の野菜

1.ゴーヤ

その食べ物とはゴーヤとブロッコリー。

まずはゴーヤですが、
水にわずか5%に希釈した苦瓜ジュースはがん細胞の損傷に著しい効力を示し、
4つの膵臓がん細胞株の2つのがん細胞の生存能力を90%、
別の二つのがん細胞を脅威的にも98%まで死滅させたとのことです。

しかも、治療のわずか72時間後のことだった。
苦瓜はがんのエネルギー生産を切り離すための巨大な妨害剤となっているそうです。

沖縄の方が長生きなことは知られていますが、
豚肉を食べるからではなく、
ゴーヤによるところが大きいのではないかと推測されています。

米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル教授らが
こうした民間療法と数年前の研究でゴーヤの抽出成分には
乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、
その後も研究を重ねていたところ、
ゴーヤには膵がん細胞に対してそのエネルギーの源となる
グルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きがあることを発見しました。

マウスを用いての実験結果では
ゴーヤの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較して
がん細胞の代謝機構に大きな関与があったとみられ
抽出液によるプロティンキナーゼの働きを促進するという効果により
結果的に60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていたことが判明しました。

また、膵がんの前兆になる場合があると言われている糖尿病において
これまでにもインドや中国などアジア諸国ではゴーヤはII型糖尿病に効果があると信じられ、
何世紀にもわたって民間療法などで多く用いられてきました。
引用:http://macrobiotic-daisuki.jp/goya-kounou-okinawa-19205.html

2.ブロッコリー

がんに関しては多くの予防法や治療穂が紹介されていますが、
かなり有効な研究結果がアメリカの大学から発表された。

それはブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の植物が
がんの幹細胞を消滅させ、増殖まで抑える効果があるというものです。

24時間以内に75%のがん細胞が死滅。
この研究を行ったのはサウスダコタ州立大学のモウル・デイ助教授と研究チーム。

彼らはがん予防の分野で注目されている
フェネチルイソチオシアナート(PEITC)の合成物や酵素が
ブロッコリーやカリフラワーなどに含まれていることを見つける。

そして、人間の子宮頸がん細胞をペトリ皿に置き、
PEITCを加えて観察した。

その結果、24時間以内に75%のがん細胞が死滅。
幹細胞自体を破壊することにも成功する。

さらに、マウスの肺組織にみ効果を発揮し、
がん細胞の成長を阻んでいることも確認された。
引用:http://blog.goo.ne.jp/withmac/e/fec4b0b63354102aa1f41a5444061409