【涙腺崩壊】亡くなった彼氏の夢を受け継ぎ、甲子園出場を果たした女子高生。彼の両親からの言葉に泣き崩れる・・・

亡くなった彼氏の夢を受け継ぎ、
甲子園出場を果たした女子高生。
彼の両親からの言葉に泣き崩れる・・・

毎年、甲子園球場にて熱き戦いが繰り広げられる全国高等学校野球選手権大会。
そこでは毎年様々なドラマが生まれます。

そんな甲子園にまつわる様々なドラマの中から、
今回は中学の時に亡くなった彼氏の代わりに甲子園出場の夢をかなえた
女子高生の努力と純愛の物語をご紹介します。

2013年夏の甲子園第13日の21日、
準決勝第2試合に登場する延岡学園(宮崎)マネージャーの牧野直美さん(3年)は
中学時代に付き合っていた野球少年の夢を抱き、記録員としてベンチ入りしてきた。

牧野さんは球児にとって憧れのグラウンドに立ち、天を見上げて声をかける。

「甲子園に来たよ」

同じ中学で野球部員だった藤井将宏さんは
中学3年の夏、水難事故で亡くなった。

俊足で生前、延岡学園で甲子園に出場する夢を牧野さんに語っていた。

牧野さんは当初、高校で野球部に入るつもりはなかった。

しかし、練習を見学するうち、「夢を受け継ぎたい」と思い入部を決意。

ただ、入部してからがつらかった・・・

選手の姿が藤井さんと重なってしまう

重本浩司監督も最初は相手にしてくれなかった。
下校中に1人で自転車をこぎながら泣いた。

それでも、
遅い日は午後9時ごろまで黙々と雑用をこなし、
段々と信頼を得ていった。

宮崎大会を制した今夏、
決勝を終えて戻ってきた同校グラウンドに部員が集まった。
ウイニングボールがどこからともなく運ばれてきて、
牧野さんに手渡された。

戸惑ったが、うれしかった。

「牧野にやってくれ」と、
重本監督が号令をかけたのだった。

重本監督は「3年間、牧野が一番頑張ったから」と話す。

10日後。藤井さんの父保孝さんが
牧野さんの自宅にやってきた。

初めて会う2人。

保孝さんは牧野さんの顔を見て、
涙が止まらなくなった。

保孝さんは「ありがとう。よく頑張ってくれた」
と言って、牧野さんと握手した。

保孝さんは、牧野さんが

「彼女として将宏くんを守れなかった」

と悔いているのを知っていた。

だから、手紙を渡した。

「あなたのせいじゃない。
将宏の夢を現実にしてくれて、ありがとう」

甲子園でベンチ入りしている吉田一貴選手も
藤井さんと同じ小中学校で、
互いの家に泊まって遊ぶ仲だった。

大会前、藤井さんの墓前で線香をあげた。
当初は牧野さんに藤井さんのことを
話さないよう気遣ったが、今年からは2人で
「あいつのために頑張ろう」と話している。

延岡学園は2013年夏、
初の4強入りを果たした。

牧野さんは前を向く。

「第一の目標は達成できました。
次はみんなの目標『甲子園優勝』をかなえたい」

彼女には、若くして亡くなってしまった彼のためにも
この時の思いを胸に残しつつ
今後さらなる素敵な人生を歩んでいただきたいと願わずにはいられません。

甲子園の裏側にある様々なドラマに思いを馳せて、
今年も甲子園に注目ですね。